• ブルーベリージャム
  • ミルクジャム
  • チーズジャム
  • 限定フルーツ
  • こだわりの蜂蜜
  • 無添加ジャムギフト
  • 信州スイーツ
  • りんごジュース

一本桜に魅せられて‥。

〈杵原学校/枝垂れ桜〉

推定樹齢およそ80年

南信州桜さくら情報

4月3日日曜日

その日は、朝からドンヨリとした空模様・・。

折角の日曜日なのに、この天気では

[ウキウキ][ワクワク]と云う気分では無かろうに、

山木どら衛門は、そんな時こそ雅(みやび)やら、

風情やらを、求めに放浪する癖がある。

「ドヒャッ」とあっぱれなお天気のもと、

ゆらりゆらりと春風にそよぐ、咲始めの桜を

愛でるのが通説だけれども、

この催花雨をシットリ浴びた桜の花面を

目の当たりにすると、色々な過去、現在と感情が

織り重なり、その場にしばらく佇んで桜と同化

してしまう錯覚に陥る。

*******************

毎年この時期になると、[ウズウズ]してくるのが、

お決まりの[一本桜]である。

昨年も、長姫神社の[安富桜]であったり、

飯田市松尾毛賀の[くよとの桜]であったりと、

いくつもいくつも、一本桜を求めて徘徊するの

だけれども、今年は飯田市山本、杵原学校に

宿根してる[枝垂れ桜]に会いに向かった。

南信州桜さくら情報

旧山本中学校の校舎がそのまま、

有形文化財として、保存されている。

その校舎をそっと見守るかのような樹勢の

この枝垂れ桜は、推定樹齢およそ80年と比較的

若い。しかし、樹高15メートルと大きな存在で

幹からアーチ状に放射している枝からは、

それはそれは、愛くるしいツボミが

桃色の髪飾りの様な印象となっている。

開花の表現では、、、[チラホラ]かな。

今日の花寒い陽気では、[シュン]と縮こまって

いたけれども、近い将来に訪れる満開期の

[門出の日]に向けて、今日は休養の雨と

なったのだろうか?

催花雨のしずくしたたる

 しだれの桜

卯月手を引き学び舎に送る

新しいことはじめ。

期待と、不安と、それ以上の覚悟。

何が起きようとも、何が立ちはだかろうとも、

やり切る覚悟。守り抜く覚悟。

80年間約束を守っている、この桜に倣い、

健気に、一途に。

毎年、必ず安心してこの時期を迎えることの尊さ。

明日は、もっと花開く。

[おしまい]